前節ヴェルディ戦はスコアは僅差だったものの、内容ではヴェルディにボコられたジェフ。ただ、ヤマトが待望の復帰を果たし、ここから巻き返しをはかりたいところで乗り込んだアウェイ山口戦。どんな試合になったのか、ふりかえってみまっしょい。

【スタメン

スタメンはご覧の通り。ジェフはチョルファン、ゲリアが初スタメン。そして、小島が久々の出場となりました。

レノファは夏に加入したジュリーニョがIHに。高井はWGではなく、IHに。そして、丸岡もIHではなくWGに入りました。

前半

本来であればプレッシングからのイケイケなサッカーを展開していきたいジェフですが、この試合ではレノファが前に早くボールを展開したり、前からのプレスなどなどイケイケな姿勢を見せてきました。そんな中でもジェフの選手たちはセーフティな判断からロングボールを入れたり、個人の質で上回ってチャンスを演出したりしていた序盤でした。

時間が進むと後方でボールを回せるようになったジェフ。ジェフの課題の1つはビルドアップでしたが、この試合では山口の弱点をつきながら、丁寧にビルドアップしていました。

レノファはベースを4141にしていますが、守備時にはジュリーニョが前に出て442で守ることがほとんどでした。そして、その442もフラットな442ではほぼなく、IHの高井がDM(熊谷か小島)を捕まえにいくことで4312の中盤ダイヤモンドのような形で守備をしていました。

こうなると、中盤の真ん中は1枚のため、スライドが遅れぎみになることがあります。ジェフがついたレノファの弱点というのはそこでした。

特にそのレノファの弱点が顕著に表れていたのが、ジェフのSBがボールを持ったときでした。ジェフのSBがボールを持つと、レノファの方はWGに入っている丸岡や高木がプレスにやってきます。すると、レノファは真ん中のスライドが間に合わなくなり、ハーフスペースが露になるため、三幸の周辺にスペースができるようになります。

そのスペースを使うためにDMに入った小島や熊谷がレノファのFWWG間でボールを受けたり、船山やSHに入った矢田やヤマトが受けに来るという形がこの試合ではよく見られました。結果、レノファの二列目を効率よく支配できるようになっていたジェフがゴール前まで迫っていくシーンが前半からよく見られました。

本来であればこちらもプレッシングからのカウンターで仕止めたいレノファをジェフがそれをさせないことに成功していました。スカウティングをしたのかどうかはわかりませんが、ジェフが上手く相手の陣地まで運べるシーンは多かった印象です。

ただ、レノファはゴール前のブロックがしっかりしており、なかなかゴールは奪えず。

逆にレノファは明確にジェフの逆サイドのスペースを狙って攻撃を展開しようとします。ジェフはブロックを作る方を優先していたのか、相手のボール保持者に強くいけないために、レノファが展開したい逆サイドへのサイドチェンジをことごとく許してしまったため、自陣にすんなりボールを運ばれるシーンが多かったですが、こちらもゴール前での対応をキッチリ行っていたため、大事には至りませんでした。

終盤に入ると、高井が三幸のサポートで戻るようになったり、レノファのプレッシングの圧に押されてロングボールに頼る場面が出てくるようになります。

【いつもやられてることをやり返す】

今年のジェフのやられるパターンとして、上がったSBの裏をつかれてカウンターを食らうというのがあります。しかし、今回はジェフがレノファの上がったSBの裏を攻めるというシーンが目立ちました。さらに、最近のジェフは極端に高いラインを維持しているわけではないので、相手は人数をかけざるをえなくなり、カウンターを発動しやすい条件が出来上がりやすくなるのです。それもあってか、カウンターから攻めこむシーンもこの試合では目立っていました。

そして、レノファは横圧縮をして守備をします。なので、ここもジェフのように逆サイドが空きやすくなっている設計になっています。そこへ展開するとゴール付近まで前進しやすくなります。

ジェフの先制点はボールを奪った流れから、サイドを変えたところから生まれたゴールでした。前半終了直前、カウンターの流れからレーンチェンジのパスを受けた矢田から下平に通し、下平のクロスを船山が頭であわせてジェフが先制点を奪います。

前半はこのゴールで終了。0-1でジェフがリードして折り返します。

【後半

メンバーは変わらず。そのままでスタートします。

ジェフは前半の反省からかボール保持者への圧力を強めました。その結果、前半に比べるとサイドチェンジをされる回数は減りましたが、ところどころで圧をかけられずサイドチェンジを食らっていました。それでもペナルティエリア付近では点を与えないように自由にさせていませんでした。

レノファは54分に丸岡に代えて池上を投入。これに伴い、ジュリーニョが右WGに入ります。

しかし、56分にジェフがまたもやカウンターからゴールを奪います。ボールを奪った下平、その下平が上げた逆サイドへのクロスをヤマトがダイレクトであわせて2点目を追加します。この日のジェフはカウンターでの攻撃の威力がピカイチでした。そのカウンター攻撃の中心にはヤマト、そして下平がいました。下平の正確なキックは良い武器であり、そしてヤマトの復帰はやはり大きいですね。

点をとりたい山口はDFのヘナンに代えて大崎を投入します。

ですが、後ろの枚数を減らしたことで山口はジェフのプレスにハマりやすくなってしまい、逆にジェフが3点目を奪います。77分、山口が後方でボールを回していたところをカットし、茶島のラストパスを指宿が落ち着いてループでゴールを決めました。やっぱりカウンターでしたね。

3点目を奪っても攻めるジェフ。後半終了間際には矢田もゴールを決めて4点目をゲット。

試合は0-4で終了。ジェフが新潟戦以来の勝利、逆に山口は長いトンネルが続きます。

【最後に】

久々にジェフが効率よくプレーをして、結果を出すということができていました。こういう試合をもっとしていきたいところですね。スカウティングをしての今回のプレーだったのかわかりませんが、今までのようにジェフがボコれる条件が勝手に出来上がることを待つのではなく、自分たちで準備して安定して勝てるようになれればいいなと思います。

今回は以上です。ほいじゃまた!

広告