前節は町田と辛くも引き分けたものの、下位に沈む京都と愛媛が復調し始めたことで残留争いに巻き込まれていきそうな雰囲気が漂い始めたジェフ。今節は長谷部さん率いる水戸との対戦です。正直、もう一年か二年くらいは長谷部さんで我慢しとけばよかったんじゃないのと思いながら試合を見ていましたが、ジェフの課題は相変わらずでしたね。最近自分がブログをサボるようになった原因でもありますが。今のジェフは勝てない原因や課題がずーっと変わらずで、それを引きずりまくってる状態です。プレーしている選手からすれば地獄のような状態に思えます。なので、今回はジェフの課題にフォーカスしてレビューしていこうかなと思います。では、試合をふりかえってみまっしょい。

~スタメン~

スタメンはご覧のとおり。水戸はSBにジエゴを起用。おそらく船山へのサイドチェンジを警戒してのことかなと。そして、岸本も久々のスタメンだったようですが、これも近藤へのプレス要員としての役割もあったかなと。それを考えると長谷部さんがジェフ対策を緻密にやってきたんだなとわかりますね。

~肝になるビルドアップ 課題と克服への鍵~

この試合の水戸はジェフのビルドアップを規制するように前からプレッシングを行っていました。ジェフはプレッシングを食らうと脆さを露呈しやすく、それを理解した上での水戸の戦術でした。

プレッシングをかける際には後ろも連動できるように、スイッチを用意してメリハリをつけるのが定石となっています。水戸がスイッチにしたのは近藤がボールを持ったときでした。近藤は狙い目だと判断してのことでしょう。よって、鳥海も警戒はするものの基本ほっといて、近藤には強めに圧をかけてきました。

水戸のプレッシングの基準点がこちら。

そして、近藤にプレスをかけていないもう片方の水戸のFWは熊谷へマークをずらします。これは一列目の守備を突破されて二列目が縦ズレしなければならない状況を避けるため、熊谷の十八番のロングボールで手薄な逆サイドへの展開を防ぐためでした。

それに対してジェフはある程度ほったらかしにしてくれている鳥海のところから攻撃を組み立てていく必要がありました。しかし、鳥海自身もセーフティなパスが多く目立ちました。それにより、ジェフは相手にズレが起きないことによって、終始前へ前へと守備できる相手に対して非効率な攻撃を仕掛けようとしてしまうという、いつもの悪循環に陥ります。これがまずジェフが抱えている課題です。

この位置でボールを持つは鳥海。

比較的フリーな状態です。

ですが、横の近藤にパスを出してしまいます。これでは一列目を突破するためのズレを起こすことができません。

よって、水戸の選手たちはそのまま前に出ることでプレッシングをかけられる状況ができあがってしまうのです。ジェフとしてはビルドアップからゴールまで向かうためにはこれを避けなければなりません。

セーフティな判断をしてしまうことでチームが劣勢に回ってしまうようなパスを出してしまうのは鳥海だけではありません。近藤にも言える話です。ですが、選手レベルの責任なのかと聞かれれば、それは間違いだと思います。そもそも同じ課題をずっと引きずってしまう時点で、コーチ陣に明らかな問題があると僕は考えています。

では、どうやって一列目をずらして越えて行くのかという話をしましょう。ズレを起こすためには相手のいないところ(所謂スペース)にボールを運ぶ必要があります。そうすれば相手は移動(スライド)して守備を行わなければならなくなるため、それによりズレが生まれます。

水戸は442で守ります。つまり一列目は2枚です。その2枚で守るときにスペースになりやすいのが2トップの間と脇のところです。

ただ、水戸は2トップ間はかなり警戒していたため、そこにポジショニングする熊谷に縦パスを入れることはほぼできませんでした。しかし、その分2トップ間の間が狭くなるため、脇のスペースが広くなりやすくなります。

その広くなった脇のスペースから運ぶと今度は相手はスライドして守備をしなくてはならないため、ズレが生まれやすくなるためスペースもできやすくなります。

【例】

こんな感じに。

こういった流れを再現性を持ちながらやれたらいいなという希望的な意見ですが、それくらいやらんと課題も解決しそうにないなというのが本音です。

~繋ぐか蹴るか~

妄想話は置いといて、実際のところはというとビルドアップはやはり上手くいかず、取られたり、ロングボールを蹴るシーンが多かった印象です。

しかし、そのプレッシングを食らった時に蹴るロングボールも、前線が孤立している状態なので回収がスムーズではなく、陣地回復できれば御の字という状況がほとんどでした。

後方からのロングボールに指宿が競ろうとしていますが、他のジェフの選手が遠いのがわかります。

プレッシングをかけられたタイミングで、選手たちが降りてくるのは理解できますが、選手たちで意思がズレてしまっている印象を受けました。繋いでいくべきなのか、シンプルにロングボールからのこぼれを拾って打開していくのか。こういった場面でもどういうプレーがしたいのかというのが今のジェフには見えてきません。

それでもロングボールから得たスローインの流れやカウンターでチャンスをうかがえていたジェフ。この日もいつものようにサイドからのクロスノック攻撃でゴールを目指していました。

~クロスノック攻撃の妄想話~

僕はサイドからの攻撃は嫌いではありません。むしろ手段として持っておくべき駒だと思っています。ただ、今のジェフのサイド攻撃はあまりにも単調すぎる印象があります。

ジェフのサイド攻撃はWGによるタイマン勝負(1vs1)+SBやIHのオーバーラップやたまにインナーラップが主です。もう一度言いますが、僕はサイド攻撃は嫌いではありません。ですが、ゴールを奪うためにサイドからのクロス攻撃ももっと工夫ができるはずなのにと毎回思うわけです。事実最近の試合ではクロスからの点はほとんどありません。

クロスからの攻撃で点をとるためには相手の視線を外して、中の味方が勝負しやすい状況を作ることが求められます。相手の視線を外しやすくする方法の一つとしては最終ラインを越えつつ、陣地深くまで侵入することが上げられます。ボールと相手の両方を見ながら守備をすることが困難になりやすいからです。しかし、WGのタイマン勝負やオーバーラップではその状況が作りづらいのです。よって、インナーラップという内側から上がっていく動きも選択肢として入れておきたいところです。

今のジェフもこのインナーラップの動きが全く無いわけではありません。ですが、やはり再現性というものがなく、選手のアイディアによって生まれている動きなのです。

ボールを持っているのが矢田。

その内側を為田が上がっていきます。

これがインナーラップ。

このシーンでは水戸が枚数をかけたことで上手くいきませんでしたが、目線を変えるための動きというのはクロスノック戦術には必要になってきます。

このインナーラップの動きによって、相手を引き出してスペースが生まれることもあります。

この状況、図で表すとこんな感じに。

今度は真ん中が空いてきやすくなります。

という感じで、クロスノック攻撃も工夫のやり方がいろいろあるよっていうお話でした。

試合の方は前半はお互いにそれにチャンスはありましたが、0-0で折り返し。

後半に水戸の伊藤涼太郎が価千金の決勝ゴールを決めて1-0で水戸が勝利。ジェフは消えることの無い課題を引きずったままの敗戦となりました。

~最後に~

今回はレビュー記事というよりも、ジェフの課題について書いたので、水戸サポさんからしたらつまらない内容になってしまい申し訳ないです。今のジェフは応援してるサポさんが見てもつらいと思いますが、おそらくプレーしてる選手が一番つらいと思います。こんなにも露呈している課題を治してもらえる特効薬を用意してもらえないわけなので。次のヴェルディ戦はどうなってることやら。。。

今回は以上です。

ほいじゃまた!

広告