【え】エスナイデルのジェフは「ハイライン」をベースに昨年から守備を行っていますが、今シーズンは横浜F・マリノスもポステコグルー監督の下でハイラインの守備をベースに戦っています。まさか、エスナイデルの他にあんなに極端な高いラインを敷くチームが出てくるとは思いませんでしたが、マリノスサポさんもこうなるとは思ってはいなかったことでしょう。なので、今回はジェフサポやマリノスサポさんに向けたハイラインの記事を書こうかなと思います。僕なりに定義するハイラインとは「ボールの位置とは関係なく、極端に高いラインを保つこと」です。そのハイラインについてメリットとデメリットの両方を考察しようかなと思います。ではでは。

~ハイラインのメリット 相手の攻撃を制限する~

ハイラインのメリットとしてまず上げられることが「中盤をコンパクトにして、相手にスペースを与えづらくする」ということです。

守備はスペースを相手に与えないということが重要なポイントの1つです。スペースでボールを受けられれば、相手はフリーの状態でボールが持てます。フリーの状態であれば、ドリブル、パスなどなど比較的高い質でなんでもすることができます。守備側からすればゴールを奪われる危険が高まります。なので、そうはさせたくはない。よって、中盤でスペースを与えさせないようにするための手段としてハイラインで守備をしようというのが背景にあります。

しかし、中盤をコンパクトにしただけではある問題が起きます。ボールホルダーにプレスがかからなければ極端に高いラインの裏を取られて一気にゴールまで向かわれてしまう恐れがあります。ハイラインでボールの位置によってラインを調整しないので、裏を取られないように常にボールホルダーにはプレスをかけなくてはなりません。ただ、ハイラインによって中盤をコンパクトにできるので、高い位置からプレスをかけても間延びしづらいというのもハイラインのメリットとして上げられます。ただ、常にプレスをかけ続けなければならないので、選手の体力の面も常に気にしなければなりません。そのため、ハイラインを採用するときにはプレスの効率化が求められますけどね。

プレスをかけ続けることに成功したならば、相手は時間が制限されます。フリーの状態を作りづらいということです。そうなってくると、相手は「いや、それでもハイラインの裏がある!」ということで、ラインの裏めがけてロングボールを放り込むことが増えます。しかし、それがハイライン守備による罠ということになります。なぜなら、相手は「ハイラインの裏を狙う」ことしか選択肢が無くなっているからです。さらには、ハイラインはハーフェーラインのところまでラインを上げる極端なラインなので、相手はプレスをかけられて高い質でボールを蹴りづらいですし、前線の選手とタイミングが合わせづらくオフサイドに引っ掛かることが非常に増えます。これはハイラインのメリットというよりは、ハイライン守備の究極系とも言っていいと思います。

ハイラインのメリットは主にこの2つで、「中盤をコンパクトにできる」「高い位置からプレスをかけられる」ということで、「相手の攻撃を制限する」というところまで行けたのであれば、それはハイライン守備の完成形と言えるでしょう。

~ハイラインのデメリット ボールホルダーへの圧力の有無~

とはいえ、やはりどんな戦術にも弱点があります。

守備はスペースを与えさせないようにするというのが原則の1つと書きましたが、スペースを与えさせないようにするための方法として縦圧縮と横圧縮というのがあります。ハイラインは縦圧縮に入ります。横圧縮というのは全体をボールの位置にあわせてスライドすることです。ハイラインは常に極端に高いラインを保つことなので縦圧縮はできています。しかし、縦圧縮はできてる!と言って横圧縮をサボるとスペースを産み、フリーで相手にボールを受けられる恐れが高まり、そこからラインの裏を狙われてゴールまで…という危険性が高まります。

すっごい極端な例ではあるんですけど、横圧縮をサボるとこうなります。

前にブログで紹介した5レーンのハーフスペースががら空きですね。これでは、縦圧縮しても意味がありません。ここにボールを入れられて、フリーでラインの裏を狙われるので。

なので、図のようにボールの位置に合わせてスライドさせなければなりません。なので、逆サイドというのは基本捨てないといけません。

そうなると、仮にサイドチェンジをされたときに、ボールを受けた選手は時間を与えてもらうことができてしまいます。そして、その選手がハイラインの裏に他の選手を走らせてゴールまでということができる可能性がとても高くなります。これがハイライン最大のデメリットと言えます。

対応策としては、サイドチェンジさせないように断続的にプレスをかけつづけるか、逆サイドのフリーの選手にマークをつけるしかありません。しかし、マークをつけるにも多少の横圧縮を捨てなければならないので、難しい部分もあります。

普通であれば、ボールホルダーがフリーの状態ならば、裏を一発で取られないように全体をコンパクトに保ちながらラインを下げたりするのですが、エスナイデルもポステコグルーもボールの位置とは関係なく極端に高いラインを保つので、ボールホルダーがフリーになりがちだと詰みます。それでも高いラインのままにしておくのは、オフサイドで引っかけて自分たちのボールにしたいということなのかもしれません。

ここまで長々と書いてきましたが、ハイラインにもしっかりとメリットがあるのがわかっていただけたかと思います。ジェフで思わしくない結果が出てたりするので、デメリットが目立ったりしますが、エスナイデルのジェフは配置的な優位の部分だったり、プレスのかけ方のまずさから連鎖的にハイラインが原因に結びついているだけなので、ハイラインだけが原因というわけではありません。

どんな戦術にもやはりメリットもデメリットも存在するので、それを理解した上でいかに戦うのかということが重要になると思います。

~最後に~

ハイラインはメリットはたくさんありますが、その分デメリットがかなりハイリスクなものとなっています。なので、ハイラインによる守備がハマれば強いですが、ハマらなければ弱いです。ただ、こんなハラハラな一長一短な戦術によってスリリングな展開を見れることが増えるとは思うので、サポーター受けはとてもいいと思います笑。

何はともあれ、Jリーグでは今までエスナイデルやポステコグルーのように極端なハイラインを敷く監督はいませんでした。なので、なんでこんなハイリスクなことわざわざやるの!?と思う人がいて不思議ではないと思いますが、このブログで理解が広がってくれれば満足です。

今回は以上です。

ほいじゃまた!

広告